戸次本町街づくり推進協議会


戸次本町の歴史と文化

大分市の南に位置する戸次本町は、古代より交通の要衝として重視され、江戸時代には日向街道筋の市場のある在町(ざいまち)として発展しました。戸次本町の大庄屋であった帆足家は、豊後南画の大家「田能村竹田」や儒学者「頼山陽」など多くの文人墨客と親交が深く、当地区は文化の馨る農村商易の市(いち)として栄えました。

※大分市HPより

本町通り(明治末期)
本町通り(明治末期)
帆足本家(明治時代)
帆足本家(明治時代)
航空写真(昭和30年ごろ)
航空写真(昭和30年ごろ)